子猫用ミルクの飲ませ方【写真つき解説】

150810_0003~01

保護したばかりで衰弱している子ネコには、できる限りたくさんミルクを飲ませることが大切です。
しっかり栄養補給させられるかどうかが生死を左右することすらあります!

子ネコに必要なミルクの目安量は、

生後1~10日  : 1回あたり5~8ml ・ 1日8回 ・ 合計40~80ml

生後11~20日 : 1回あたり8~12ml ・ 1日8回 ・合計60~80ml

生後21~30日 : 1回あたり10~20ml ・ 1日6回 ・ 合計80~100ml

となっています。

生後20日までは3時間おきにミルクを飲ませましょう。

たとえ子ネコがあまりミルクを飲みたがらなくても、しっかり栄養を摂らせないとすぐに衰弱してしまうので
多少強引にでも必要な量のミルクを飲ませてあげるよう頑張ってください!

それでは、ミルクの飲ませ方を紹介していきます。

ミルクをあげるための準備

<用意するもの>
・子猫用 粉ミルク
・人肌に冷ましたお湯
・シリンジまたは哺乳瓶

粉ミルクは、必ず「子ネコ用」「総合栄養食」と書いてあるものを選びましょう!

お湯は人間の赤ちゃんと同じで、30度後半から40度くらいの温度に。

シリンジ(針のついていない注射器)と哺乳瓶のどちらを使ってもOKですが、シリンジの方がおすすめ。
なかなか飲んでくれないときにもミルクを与えやすいし、哺乳瓶より安いです。動物病院でもらえることもあります。

粉ミルクのパッケージやラベルに書いてあるミルクの作り方を読んで、分量通りに粉とお湯を混ぜましょう。

KIMG1298(1)

_

_

ダマになりやすいので、指やスプーンでしっかり溶かしてくださいね。

 

_

ちなみにミルクの作り溜めはNGです!
一回一回新しいミルクを作り直しましょう。

おすすめのミルクは、ワンラックのゴールデンキャットミルク。Amazonキャットミルク部門で1位になった定番の粉ミルクです。動物病院でも1,600円くらいで購入できますが、ネットで買うとちょっと安くなります。うちの子はこのミルクで大きくなりました。


Amazon ゴールデンキャットミルク

 

首のうしろを掴んでうつ伏せの姿勢に

ミルクを飲ませるとなると、ヒトの赤ちゃんのように抱っこして仰向けの姿勢をイメージするかもしれませんが、これは間違い。

ネコの場合、仰向けでミルクを飲ませると肺にミルクが入って肺炎を起こすことがあるので、
必ずうつ伏せの姿勢をとらせましょう。

イヤがったりじっとしていてくれなかったりするときは、首のうしろを掴むと大人しくなります。

Effect_20160703_163754

 

 

「ここを掴まれると抵抗できないニャ」

 

 

 

シリンジは横から、哺乳瓶は前から

うつ伏せの姿勢になったら、ミルクの飲み口をくわえさせます。

シリンジの場合は、口の横側から先端を差し込みます。

Effect_20160703_164034

_

こんな感じ。

うちの子はそろそろ1歳になるので
もうミルク卒業してますが…
撮影だけ協力してもらいました。

_

_

口からミルクが溢れないよう、少しずつ飲ませてあげましょう。
上手く加減できずにドバッとミルクが出てしまうときは、器にミルクを垂らす練習をしてみてください。

ミルクをイヤイヤしてくるときも、口の横側にある歯と歯のすき間からシリンジを滑りこませればスムーズに授乳できます!

_

哺乳瓶の場合は、ネコの顔の正面から乳首をくわえさせます。

ミルクが出る量が多くて吐き出してしまうときは乳首が大きすぎるので、小さいサイズに代えたり先端の穴を小さくしたりして調節しましょう。_

シリンジ・哺乳瓶の購入はこちらから。

Amazon テルモシリンジ 50ml(針無し・横口)


Amazon ペット哺乳器キット 120ml

 


慣れるまではなかなか難しいかもしれませんが、コツさえ掴めばあとは簡単です。
ミルクをあげたあとは器具をキレイに洗っておきましょう。

お仕事などで3時間おきにミルクをあげられない場合は、動物病院やペットホテルに預けるという手もありますよ。

次回は、子ネコの適正体重と成長のようすについて解説します!
⇒子ネコの適正体重と成長のようす【生後1週から7週まで】