はなびの日常『おるすばん』

effect_20160918_015233

 

今日は、朝早くから夜遅くまではなびに一人でお留守番をしてもらいました。

一般的に、ネコは飼い主さんがいなくても気ままに寝て過ごしているので、お留守番が得意なペットである…と言われています。が!

effect_20160918_015522

はなびを見ていると、「あながちそうでもないんじゃないかなぁ…」と思うのです。

_

 

丸一日お留守番をお願いする日は、いつも朝からバッチリ準備をします。

まずは危険なものを全部しまいます。

コード紐のついたおもちゃは体に絡まると危ないのでまとめて引出しへ!

お風呂のお湯が溜まりっぱなしになってないかチェック!

陽気に誘われてフラッとお外へ出て行ってしまわないよう、戸締りはカンペキに!

effect_20160918_015945

はなびも一緒についてきて、私がちゃんと準備できているか、隣で点検したり邪魔をしたりします(笑)

 

それから、一人でもできるだけ退屈しないよう部屋中におもちゃをバラまきます。

最近とってもお気に入りのキラキラボールも忘れずに。

effect_20160918_020148

 

天袋にはトンボさんをセット!

kimg2360

 

最後に飲み水をカリカリをたっぷり用意して、おなかがすいたときに食べられるようにしておきます。

これで準備完了。いよいよ出発です!

 

私がいなくなることを分かってんだか分かってないんだか、いつもと同じように呑気な表情をしている最愛の三毛猫娘に

「じゃあねっ…、行ってくるからね…!いいこで…待っててねっっ…!!(泣)」

と半ば本気で涙ぐみながら、何度も何度も行ってきますをします。

クールな愛娘は「なに泣いてんだこいつ?」とでも言いたげな冷めた目であしらってくれます…。

effect_20160918_021652

 

はなびを一人置いて出発する瞬間は何よりつらくて苦手です。

仕事をしてても何をしてても「どうしてるかな…寂しくないかな…危ないことしてないかな…」と、ずーっと気がかり。

でも多分、はなびはそんなこと知らずにグースカお昼寝してるんでしょうね。

effect_20160918_022336

そうだといいな。

 

長い一日が終わって、最寄りの駅を降りたら、家までダッシュで帰ります。

ただいまあああああ!!!

と息切れしながらドアを開けると…!はなびが玄関先にお迎えに…!

 

effect_20160918_022621

…来てくれないんですよね。

以前はいつも帰宅するとドアの前にいてニャーニャースリスリ熱烈歓迎してくれたんですが、最近はおざなりで特に出迎えてくれません。そっぽ向いちゃってるし。

 

いちおう、部屋の中に入ると

「あー、なんだお前か。おかえり」

ぐらいのぬるい眼差しで近寄ってきてにおいをクンクンして去っていきます。適当だなぁ。

 

冒頭で、「うちの子はお留守番上手じゃないかもしれない」みたいなことを言いましたが、どうしてそう思うのかと言うと。

なんか……怒ってるみたいなんです。一日留守番をさせると。

私が帰宅した直後は、呼びかけても無視されるし…。撫でてもイヤがられるし…。遠巻きに視線を送ってはくるもののそばには来てくれないし…。

「私、怒ってるんだけど」的なアピールをされているようでなりません。悲しい。

 

どうして怒っているのか定かではありませんが、もしかしたら、はなびは「私が家の中にいない」ということを理解していないのでは?と、最近は考えてます。

きっと私が留守の間にも、はなびはいつも通り「ねー、遊んで―」「ごはんほしいー、おやつもほしいー」「ちょっとこっち来てよー」といろんな要求をしてきていて、

でも私が何にも応えないから(だって家にいないんだもの)、しまいにはご立腹してしまうのではないかなぁ。

…さすがにそんなにお馬鹿さんじゃないかな?

 

ともあれ、ヘソを曲げてしまったワガママ猫のために、帰宅後はひたすらご機嫌取りです。

特別おいしいゴハン

おもちゃでいっぱい遊ぶ!

ニャーと言われれば着替えをしてようが風呂に入ってようがすぐに駆けつける!

…まさに下僕ですね。

 

甲斐甲斐しくご機嫌を取った甲斐あって、ようやく大人しくナデナデさせてくれました。

kimg2355

…と思ったら咬まれました。

kimg2356

もう少し、「お留守番させてゴメンね」のお詫びをしなきゃいけないみたいです。

 

そんな、ニンゲンがネコに振り回されっぱなしの、お留守番奮闘記でした。